マイケル・コリンズ (1996) : Michael Collins

アイルランド独立運動の英雄マイケル・コリンズ(1890~1922)の半生を描いた歴史ドラマ。監督・脚本は自身もアイルランド出身である、ニール・ジョーダン。音楽のエリオット・ゴールデンサル、衣裳のサンディ・パウエル。撮影はクリス・メンゲス、美術はアンソニー・プラット、編集はJ・パトリック・ダフネーとトニー・ローソンのコンビ。

監督:ニール・ジョーダン
出演:リーアム・ニーソン、ジュリア・ロバーツ、エイダン・クイン、アラン・リックマン、イアン・ハート、スティーヴン・レイ、チャールズ・ダンスほか。

マイケル・コリンズ (1996)のストーリー

1916年。12世紀以来英国に支配されたアイルランド。独立を求めてマイケル・コリンズ(リーアム・ニーソン)は、イーモン・デ・ヴァレラ(アラン・リックマン)ら指導者のもと、「イースター蜂起」と呼ばれる武装蜂起を決行するが失敗した。釈放されたコリンズは同志で親友のハリー・ボーランド(エイダン・クイン)、配下のジョー・オライリー(イアン・ハート)らと語らい、「アイルランド義勇軍」なる親衛部隊を率いて、新たな独立運動を展開。処刑をまぬがれたヴァレラを獄中から救出し、協力者となったネッド・ブロイ警部(スティーヴン・レイ)の手引きで英国警察の諜報網をつかんだコリンズは、命知らずの青年たちに命じて英国の官憲たちを暗殺していくなど、大胆な戦略で敵を翻弄、独立運動を支えた。そんな彼の安らぎは、彼とハリーを見守る同志の女性キティ・カーナン(ジュリア・ロバーツ)の存在だった。英国は切れ者のソームズ(チャールズ・ダンス)率いる冷酷無比な予備隊「ブラック&タンズ」を送り込み、暗黒政治を敢行。コリンズは予備隊の幹部らを暗殺して反撃するが、ブロイは拷問されたあげく殺された。21年、ついに英国が休戦を布告。デ・ヴァレラの命令でコリンズは交渉役として英国に赴く。だが、アイルランド自由国の独立は認めるが国の分断と英王室への忠誠を求めるという条約をめぐり、賛成派と反対派が決裂、国内は二分。デ・ヴァレラは反対派の領袖となり、ここに内戦がはじまった。反対派についたハリーは暗闘の中死んだ。キティと結婚の約束をしたコリンズは、周囲の反対を振り切り、停戦条約のため反条約派の総本山ウェスト・コークへ。デ・ヴァレラとの会談が目的だったが、コリンズは血気にはやった青年たちから成る謀反者の待ち伏せにあい、頭を撃ち抜かれて死亡した。22年8月22日。享年32歳。葬儀には多くのアイルランド国民が参列した。

関連記事

  1. 夫たち、妻たち (1992) : Husbands and Wives

  2. レ・ミゼラブル (1998) : Les Miserables

  3. ホーンティング (1999) : The Haunting

  4. シンドラーのリスト (1993) : Schindler’s List

  5. スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス (1999)

  6. ダークマン (1990) : Darkman