96時間 (2008) : Taken

リュック・ベッソン製作・脚本によるサスペンス・アクション。リーアム・ニーソンが元秘密工作員の男に扮し、娘を誘拐した人身売買マフィアにたったひとりで立ち向かう!

監督:ピエール・モレル
出演:リーアム・ニーソン、ファムケ・ヤンセン、マギー・グレイス、リーランド・オーサー、アーベン・バジラクタラジ

96時間 (2008)のあらすじ

元秘密工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)の娘キム(マギー・グレイス)が旅先のパリで何者かに誘拐された。彼女との通話の音声から犯人一味がアルバニア系の人身売買組織で、過去の事例から救出までの制限時間は96時間と判明。彼は単身、娘の救出に向かう。

96時間 (2008)のストーリー

カリフォルニア州に暮らす元CIA工作員のブライアン(リーアム・ニーソン)は、離婚した妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)と裕福な再婚相手スチュアートと共に暮らす、17歳の実娘キム(マギー・グレイス)と親子関係を保とうと努める。レストランでキムと会うと、キムは友達のアマンダと2人だけでパリ旅行に行きたいと、実父のブライアンの元に許可書へのサインを求めてくる。最初は「ティーンエイジャーの女の子2人だけで、パリ旅行なんて危険だ」とサインを拒んだブライアンだったが、定時連絡を入れる事を条件に許すのだった。
パリ=シャルル・ド・ゴール空港に着いた二人は、ピーターと名乗る若い男と知り合い、タクシーをシェアしたために住所が知られてしまう。二人はアマンダのいとこのアパートに行くが、いとこはスペインにいて不在中。キムが父に電話をしていると、アマンダがリビング・ルームで拉致される。キムは父の指示に従って寝室に隠れるが、ブライアンはキムが見つかることを予期し、起こるべき状況をキムに説明する。キムはベッドの下から引きずり出される途中、電話に向かって誘拐犯の描写をする。誘拐犯は電話を取り上げるが無言で通し、ブライアンは誘拐犯を脅す。しかし、誘拐犯は「グッドラック」とだけ言い、電話を切る。
ブライアンの旧友でかつての同僚のサム(リーランド・オーサー)は、キムによる描写と声から誘拐犯が悪名高いアルバニア・マフィアの人身売買組織構成員のマルコ(アーベン・バジラクタラジ)であると推測する。サムはブライアンにこの情報を伝え、96時間以内にキムを見つけないと永遠に行方不明になるだろうと警告され、ブライアンは拉致された娘を救出すべく単身パリに飛ぶのだった。

関連記事

  1. ガンシャイ (2000) : Gun Shy

  2. レクイエム (2009) : Five Minutes of Heaven

  3. キングダム・オブ・ヘブン (2005) : Kingdom of Heaven

  4. ギャング・オブ・ニューヨーク (2002) : Gangs of New York

  5. K-19 (2002) : K-19: The Widowmaker

  6. バットマン ビギンズ (2005) : Batman Begins