バットマン ビギンズ (2005) : Batman Begins

クリストファー・ノーラン監督が主演にクリスチャン・ベールを起用しダークなトーンでバットマン誕生秘話を描くシリーズ第一弾。

監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、リーアム・ニーソン、マイケル・ケイン、ケイティ・ホームズ、ゲイリー・オールドマン、キリアン・マーフィー、ルトガー・ハウアー、渡辺謙、モーガン・フリーマン

バットマン ビギンズ (2005)のあらすじ

幼少時に両親を殺された過去を持つブルース。以来、自暴自棄となり、放浪の末に中国の刑務所に送られる。だが、謎の人物デュカードのもとで修行を行ない、自分を取り戻した彼は、再び故郷に帰ってくる。

バットマン ビギンズ (2005)のストーリー

ゴッサム・シティの富豪、トーマス・ウェインの息子ブルース・ウェインは、幼少期に庭の古井戸に落ち、コウモリの群れに襲われる。以来コウモリに怯える様になり、両親と観劇していたオペラでコウモリ姿の役者を怖がって途中で退場したところ、路地で強盗に襲われて両親は射殺されてしまう。孤児となったブルースは執事のアルフレッド(マイケル・ケイン)に育てられていた。成長したブルース(クリスチャン・ベール)は世界を巡り、敢えて犯罪者と行動を共にして犯罪者の心理を理解しようとしていた。アジアで収監されていた時にラーズ・アル・グール(渡辺謙)の代理人を名乗るデュカード(リーアム・ニーソン)から忍者集団・影の同盟(League of Shadows)に誘われ、悪と戦う術を雪山で学ぶ。コウモリへの恐怖も克服したブルースは同盟の一員として認められたが、仕上げとして命じられた殺人犯の処刑を断り、また同盟の目的が腐敗したゴッサムの破壊である事を知って、同盟と決別し、館に火を放って脱出する。ラーズは崩れてきた瓦礫によって死亡したが、デュカードはブルースが辛うじて助け出した。7年ぶりにゴッサムに帰郷したブルースは、自身も株式を持つウェイン産業に入社し、社内で左遷されているルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン)の開発したボディーアーマーや特殊装甲車タンブラーなどの試作品を活用し、バットマンとして、ウェイン邸の地下洞窟を拠点にゴッサム・シティの犯罪者たちとの戦いを始めるのだった。

関連記事

  1. レクイエム (2009) : Five Minutes of Heaven

  2. ギャング・オブ・ニューヨーク (2002) : Gangs of New York

  3. 96時間 (2008) : Taken

  4. プルートで朝食を (2005) : Breakfast on Pluto

  5. ラブ・アクチュアリー (2003) : Love Actually

  6. キングダム・オブ・ヘブン (2005) : Kingdom of Heaven